電脳遊戯の嵐

PC、ゲーム、自転車を中心にぼちぼち書いていきます。
保証対象外となる作業については自己責任で。

X99-M_WS_SE

仮想サーバー組立編

Ryzenを買ってCore i7 6800K一式が浮いてしまったので、普通に使う分には有り余るメモリーとCPUパワーを生かしてやろうって魂胆。

という訳で家にあるパーツをかき集めてくる。
ビデオカードは映るだけでいいんだけど、Matrox G450が中古で買ったのまだあるよ!
……AGPだから余裕で使えないね。
PCI-Expressで1スロットで転がってるものとなるとRadeon HD 3870?
……要給電やん。消費電力大きくない?大丈夫?

という訳で何故かQuadro FX1700を2000円で買ってきた。
Quadroだぜ!OpenGLに特化してるぜ!(関係ないけど

マザーボード:X99-M WS/SE
ビデオカード:Quadro FX1700
ディスク:家にあるヤツ
RAIDカード:Areca ARC-1680i
キャプチャーカード:EarthSoft PT2*2

久々にARC-1680iが使うで!
 →ARC-1680iのファームウェアが起動しない。

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

試しにキャプチャーマシンに使っていたZ68MA-ED55に挿して動かしてみると起動する。

これは!
もしかしてUEFIに対応していないという話だろうか。

しょうがないからZ68MA-ED55を使うことにするか……
Sandy Bridgeに逆戻りだけど……
メモリーが12GBじゃ心もとないので、NASに装着した16GBを召し上げることにする。
NASのメモリーを16GB→8GBに交換。

交換後にNASを起動したらネットワークから参照できなくなる。

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

NASの液晶パネルを見る限り特に問題は起きてなさそう。
L2スイッチを確認したらポートはLink UpしてるけどリンクアグリゲーションがLink Downのまま。
NASを再起動を2〜3回してみたけど状況は変わらず。
試しにLANケーブルを交換したら繋がった。

何という単純なミス……

外す前までは問題のなかったケーブルが、配線のやり直しで変になった模様。
もうこのケーブルは捨ててCat6aのケーブルを補充しておくか……

ようやくZ68MA-ED55で組み替えて起動したらこちらでファームウェアが起動しない。

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

さっき動いていたやん。挙動変わりすぎじゃね?
Sandy Bridgeに戻した意味ないやん。
しかし動かないものはしょうがないので転がってたACS-61100-12を付けたら問題なく起動。

ACS-61100-12は出来る子。

VMware vSphere Hypervisorをインストールしたらハードウェア上は認識してるのでARC-1680iはお払い箱か?
CoreDuo T2400のマシンで動かしたら大丈夫かなw

というのが先週末やっていた話。

しかしACS-61100-12ってUEFIに対応してるならX99-M WS/SEでも起動するんじゃね?と思ったけどどうしたか記憶がないので、週明けに試したら普通に動いた。
ARC-1680iにこだわり過ぎたか……

という訳でめでたくCore i7 6800Kの有効利用先が決定。
1年ぶりにStacker復活……予定。
vsphere1
vsphere2
HDDが16台載るなんて胸熱だな。

メインマシンの更新

あ、ガルパン劇場版の円盤が来たから1日1回見るのが日課になってる私です。
ニュルンベルクのマイスタージンガーってまほはオペラ好きなのかなw
BT-42のエンジン音ってOHVのそれだから萌える気がしてきた。

あと、大洗に行った時のタイトルが一緒になってないから修正した。

そして良く考えたら新しいキャプチャ鯖はOSをWindows Vistaにしておけばよかった。
OS入れ直すか悩む('A`)マンドクセ

閑話休題。
新しく買ったNASはリンクアグリゲーションに対応しているので、メインマシンもリンクアグリゲーションしたらネットワークが速くなるんじゃね!?ってことで構成を色々考えたら、Z97M-PLUSだと空きスロット的に厳しい。
M-ATXはこういう時に拡張性が限られてて参っちゃうね。
マザーの交換を考えたけどどうせならちょうどBroadwell-Eが発売されたところだし、これにいっちゃおうかと。
8コアは流石に無理なので、6コアで。
PCI-Expressのレーン数はSLIとかRAIDカードを挿す訳でもないので特に気にしない。
クロックは……OCすればいいから6800Kでいいか(爆
20160612_02

ただLGA2011-v3でM-ATXのマザーってかなり限られてくるのよね。
X99-M WS/SEとX99M Extreme4で悩んで結局X99-M WS/SEにした。
ワークステーション向けのM.2スロットの帯域は目を瞑る感じで……
現状で使ってるのSATA接続だし。
エンコードでゴリゴリ使う予定だから信頼性重視で。

詳しい話はASCII.jpの記事でw
LGA2011系は初めて使ったけど、固定のレバーが2本になってて凝ってるね。
最初どうやってCPUをセットしたら良いのかわからなかったw

とりあえずCPUとメモリをセット。
20160612_01
メモリは今回8GB*4枚で32GBにした。
そんなに何に使うかは不明。
16GBでも良かったかなぁw

CPUクーラーはThermalright Macho Rev.A(BW)を使い回し。
駄菓子菓子、CPUのソケットの位置がずれて、神懸かりの収まり具合が崩れてHDDが入らない。
20160612_03
突っかかる。

どう見ても入りません。
20160612_04
本当にありがとうございました。

元々2TBと1TBを使っていたけど、データを整理して5インチベイに2TBだけをセットして使うことにした。

完成図。
20160612_05
シャドウベイを使わなくなったからシンプルに見えるようになった。
【CPU】Intel Core i7-6800K
【Cooler】Thermalright Macho Rev.A(BW)
【M/B】ASUS X99-M WS/SE
【MEM】Crucial Ballistix Sport 32GB Kit (4 x 8GB) DDR4-2400(BLS4K8G4D240FSA)
【VGA】ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB TwinCooler
【SSD】Crucial CT256M550SSD4
【SSD】TOSHIBA THNS064GG2BBAA
【HDD】WesternDigital WD20EARS
【BD-RE】Pioneer BDC-207
【CASE】SilverStone SST-PS07B
【Power】Seasonic SS-660XP2

マザーのBIOSはBroadwell-E対応のを買ったけど、新しいのが出てたので更新した。
USB BIOS Flashback楽でいいな。
USBに入れたファイル名をX99MWSSE.CAPにするの忘れて焦ったけど、リネームしてリトライしたら無事に更新完了。
ランプが点灯してたらエラーで点滅するのが正常なのね。
時間は5分ぐらいかな。

何も考えないでEZ Turning Wizardを使ってOCした結果。
20160612_07
1割ほどかな。
消費電力と安定の兼ね合いもあるし、これでよいかと。

TMPGEnc Video Mastering Works 5でこのぐらい使えるので買った甲斐があるってもんよ。
20160612_06
これから積みアニメを消化しなければ。
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ