電脳遊戯の嵐

PC、ゲーム、自転車を中心にぼちぼち書いていきます。
保証対象外となる作業については自己責任で。

GeforceGTX1060

玄人志向 GF-GTX1060-6GB/OC/DF

よーし、パパマイニングしちゃうぞーと意気込んで追加したビデオカードがこれ。
GALAXのOEMみたい。
ブースト時にクロックが1759MHzまで上がるらしい(定格は1708MHz)
TURBO-GTX1060-6Gは1708MHzなので若干強い(謎

カードのサイズはTURBO-GTX1060-6Gより若干小さい。
gtx1060_01
何となく冷えそうである。

そして安いのにバックパネルが付いててスチールラックに固定しやすい。
gtx1060_02

オーバークロックとか弄りたい人はGALAXからXTREME TUNER PLUSをダウンロードしてやれば良いかと。
ちなみにMSIのAfterburnerでも調整できた。

性能?
TURBO-GTX1060-6Gに毛が生えた感じなので割愛(爆

おまけ
熱でシール剥がれた。
gtx1060_03

Gigabyte GeForce GTX 1080 Turbo OC 8G

先日、ASUS TURBO-GTX1060-6Gを買ってTMPGEncを高速化したけど、予想以上に速くなったので欲が出てきた……

GTX1060以上のラインナップを確認すると……

CUDAコア数
(基)
クロック周波数
(MHz)
仮想FLOPS 性能比
(1060=100)
GTX1060(6GB) 1280 1708 2186240 100%
GTX1070 1920 1683 3231360 148%
GTX1080
2560
1733
4436480
203%
GTX1080Ti
3580
1582
5663560
259%
GTX1060比で性能が約50%アップずつ上がっていく。

GTX1070で4.5万、GTX1080で約6.5万、GTX1080Tiで約8万。

実際のところどのぐらいTMPGEncが速くなるのかわからないけど、私気になります!
どれにするかだけど、1060から1070だと中途半端、1080Tiだとやり過ぎ感があるので間を取って1080にする。

買うならどれするべかと。
中古でもいいけど……とか思いつつamazon.comを物色してたら6万ぐらいであったのでそれを買うことにした。
中古でも6万程度だし。
gtx1080_01
買ったのはGIGABYTEのGeForce GTX 1080 Turbo OC 8G
日本には売ってないと思われる外排気モデル。

GTX1060でデカいと思ったけど、それより更に少し大きい。
gtx1080_02
両方共外排気なので構造はよく似てる。
ASUSはフードがしっかりしてて持てるけど、Gigabyteの方は少し柔らかくて持つのを少し躊躇う。

裏面。
gtx1080_03
基盤のサイズはほぼ同じで、クーラーが基板から少しはみ出てたので大きかったんですな。
裏側の放熱板は無し。
8Pinの補助電源ボードは初めて。

まぁ、確認はそこそこにメインマシンのビデオカードを交換して、TMPGEncで比較する。
GTX1060の時にやった亜人ちゃんは語りたいで試す
gtx1080_11
おいー!
遅くなってるやんけ!

ま、まぁ、本命は高精度ノイズ除去フィルターだし(震え声
gtx1080_12
こちらは流石のパワーを見せつけたので安心した。
もうちょっと速くなるかと思ったけどCUDAのコア数が増えて使い切れてないかな。
TMPGEnc5を使ってるけど6にしたら速くなるかなぁ。
試用版の期限切れちった……

まぁ、とりあえずこれでエンコードの高速化はこれで一段落。

GTX1060が余ったなぁ……マイニングでもするかねぇ(ぇ

TURBO-GTX1060-6GでTMPGEnc高速化

よく調べたら少し前のものになるけど、ASCII.jpで比較してた。
やっぱり良いカードになるほど速いのな。

前回TMPGEncを高速化するためにTURBO-GTX1060-6Gを買った。

今回は亜人ちゃんは語りたいでエンコードのテストをしますぞ。
エンコードを少し重くしたいので、フィルターはインターレース解除とノイズ除去(時間軸)の2つ。

ということでそれぞれでエンコードした結果。
encode3_CUDA
GTX1060はえー!
なし→GTX750Tiで279秒短縮。
なし→GTX1060で839秒短縮。
GTX1060でGTX750Tiの約3倍短縮。
ほぼ仮想FLOPS通り?
これってGTX1070にしたら4.5倍短縮できたってことかしら?
750Tiの4.5倍だと1255秒になるからエンコード時間が975秒……になるかどうか分からないから誰か貸して!(ぉ

折角速くなったので高精度ノイズ除去を使ってみる。
encode3_filter
重杉内。
でも暗いシーンで気になるノイズは高精度ノイズ除去の方がキレイになるのよね。
高精度ノイズ除去はCUDAなしではおそらくやる気にならないけど、GTX1060なら何とか我慢できるレベルかな〜
今後は高精度ノイズ除去を追加していく感じで。
CPUは舐めプしてるのでボトルネックはフィルターにある模様。

ASUS TURBO-GTX1060-6G

今使ってるビデオカードは2年半前に買ったZOTACのGTX750TiなんだけどTMPGEncはあまりフィルターを使わなくても結構な頻度でCUDAを使うから高速化できないものかと考えた。
高速化したらフィルター使ってもいいかな。
でも調べてもそんな用途で比較してるような人いない……

まぁ、理論上速くはなるはずということでスペック比較。

CUDAコア数
(基)
クロック周波数
(MHz)
仮想FLOPS 性能比
(750Ti=100)
GTX750Ti 640 1085 694400 100%
GTX1050Ti 768 1392 1069056 154%
GTX1060(3GB) 1152 1708 1967616 283%
GTX1060(6GB) 1280 1708 2186240 315%
GTX1070 1920 1683 3231360 465%
性能だけ見ればGTX 1070が圧倒的ですな。
GTX 1080以上は値段的に予選落ちw

性能を見たところで、それぞれの値段を価格.comで見てみるよ。
Geforce GTX 1050Ti
Geforce GTX 1060(3GB)
Geforce GTX 1060(6GB)
Geforce GTX 1070
GTX1050Tiは15kからで性能は約1.5倍。
GTX1060は3GBだと22kからで性能が3倍弱。6GBだと28kからで性能が3倍強。
GTX1070になると43kからで4.5倍強。
値段的にGTX1070になると敷居が上がる感じ。
ということでGTX1060の3GBが良いけど、外排気のクーラーがないのよね。
M-ATXのケースでグラボの熱が篭もると一気にケース内温度が上がりそうだし、グラボの真下にM.2スロットがあるから熱風を当てたくない。
数年使うだろうしってことで少々高かったけどASUSのTURBO-GTX1060-6Gを購入。
gtx1060_1
このクラスのビデオカードは買ったことなかった気がする。箱がデカい。

カード自体もデカい。
gtx1060_2
存在感ぱねぇ。

マザーボードが戯画でビデオカードがASUSって妙な感じ。
実際のTMPGEncでの測定はまた今度。
プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ