電脳遊戯の嵐

PC、ゲーム、自転車を中心にぼちぼち書いていきます。
保証対象外となる作業については自己責任で。

CPU

Ryzen Threadripper皮算用2

ASUSも良く見たら来てた。
ROG ZENITH EXTREME
これだけExtended-ATXとデカい。
M.2スロットは1本はチップセットの横で、残り2本は怪しげな拡張カード(?)でDIMMの横にライザーカードで装着する。
変態より変態な気がする。
でも冷却を考えるとこちらの方が良い。
マザーにあるM.2スロットはチップセットのヒートシンクに密着させて冷やすらしい。
ヒートシンク付きのPX-512M8PeG-08はどうなのかな。

E-ATXマザーの入るケースを調べたら
CorsairのCarbide Series Clear 400Qが良さそう。
というかこれで全てが分かる。 CORSAIR「Carbide Series Quiet 400Q」徹底解説を見たら、
これってFractal DesignのDefine……あれ、こんな時間に誰だ?

まぁ、ここまで盛り上がってたんだけどさー

AKIBA PC Hotline!
注目の「Ryzen Threadripper」は8月10日22時発売、恒例の夜間販売も実施?
>予価は16コア/32スレッドの「Ryzen Threadripper 1950X」が税抜き145,800円(税込157,464円)、
>12コア/24スレッドの「Ryzen Threadripper 1920X」が税抜き115,800円(税込125,064円)。

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
はい、解散。

1950Xの$999とは何だったのか。
$999のCore i9-7900Xにぶつけてたのに……
ちなみに7900Xは12万。
日本では7900Xには1920Xで十分ってことですか。

マザーの国内価格も続々と判明してるね。
ちなみに、ドルベースだとこんな感じ。
ASUS ROG ZENITH EXTREME - $549.99
GIGABYTE AORUS X399 AORUS Gaming 7 - $389.99
MSI X399 GAMING PRO CARBON - $379.99
ASRock X399 Taichi - $349.99
ASRock X399 Professional Gaming - $449.99

hermitage akihabara
Ryzen Threadripper対応マザー、MSI「X399 GAMING PRO CARBON AC」10日22時発売決定
>市場想定売価税抜52,980円(8月10日22時発売)

GIGABYTEのRyzen Threadripper対応マザー「X399 AORUS Gaming 7」4日より予約受付開始
>市場想定売価税抜52,800円(8月10日発売)

マザーも高くねぇか……
このレートだとZENITHは75k超え。
税込み83kぐらい……

そんな訳で米尼でCPU&マザー&メモリーを注文してしまったとさ。
メモリーたけーよ(泣

マザーはROG ZENITH EXTREMEにした。
米尼の予約が戯画かASUSだけだったので……
Taichiがあったらそれにしたんだけどなぁ。

そうは言っても送料+諸々の費用込みで$2000程度で済んだので海外通販は良いものである。
来ればの話だけど。

ところでCarbide Series Quiet 400Qの仕様をよく見たらE-ATX(12" x 10.6")って書いてある。

んで、ROG ZENITH EXTREMEのサイズは……12 inch x 10.9 inch ( 30.5 cm x 27.7 cm ) ……
何が当たるのかわからないけど、7mmなら大丈夫だよね(汗
ケースは99で既に買ってしまった。
賽は投げられたのだ(ぉ

Ryzen Threadripper皮算用

いよいよRyzen Threadripperの発売が近くなってきた。

ASCII.jp
AMD、Ryzen Threadripper 1950XはCore i9 7900Xを大きく上回る性能を発揮と明らかに
値段も明らかになった。
16コアにするか12コアにするか迷うところではある。

今のところメーカーサイトで確認できるマザーボードはGigabyteとAsrockとMSIがある。
Gigabyte
X399 AORUS Gaming 7
オーソドックスで無難な構成。
LANがKiller E2500なのがマイナスポイントだけど、その分安いのかな。
戯画はRyzenで比較的BIOS更新が速かったからメーカーとしての印象は悪くない。

Asrock
X399 Taichi
これは必要十分な構成。
LANがIntelのデュアルというのはとても良い。
AsrockはRyzenの最初期にやらかした感があったけど、その後のフォローが良かったし、
BIOS更新も速いので購入候補にしても良いと思う。。

Fatal1ty X399 Professional Gaming
Taichiに10GbEとサウンドとゲーム機能が+αされた感じ。
10GbEにはAQUANTIA AQC107を採用しているけど、
Fatal1ty X370 Professional Gamingで5GbEが散々だったのはAQUANTIA AQC108なので、一抹の不安が残る。
まぁ、5Gbと10Gbでは事情が違うかもしれないけど。
拡張スロットに余裕があるなら大人しく10GbEのカードを挿した方が良さそう。
そしたらTaichiで良いやん。

MSI
X399 GAMING PRO CARBON AC
VRMのヒートシンクの背が高すぎワロタ。
LANはシングルなものの、Intelを採用しているのは高得点。
こちらも選択肢としてはアリか。

ASUSのZenithはどうしたんだろうか。

ところで、Threadripperの電源って650Wで間に合うかな。

問題は出回るCPUが少ないとの話なのでそもそも買えるかどうか……

RyzenでTMPGEnc追試【更新しました】

(4/7:グラフが見づらかったのとAVXの検証する比較対象データが不適切だったので修正しました)

手持ちのメモリーだとRyzen君の性能がうまく引き出せないので一旦メインマシンを6800Kに戻して、しばらくメモリーを入れ替えて検証し直すことにした。

RyzenはメモリーコントローラーのクロックとInfinity Fabricが同期してるのでメモリークロックを上げると性能が底上げされるというアグレッシブな仕様なので、メモリーをOCタイプのにすることにする。
値段との兼ね合いでCORSAIRのVENGEANCE LPXにした。
型番はAmazonで比較的安かったCMK16GX4M2A2666C16。
XMPを有効にしたら普通に2666で動いた。
memory_setting2
やるなCORSAIR。

ただ、OCして再起動すると一度完全にオフになった後で2133で起動してくる。
一度2400にしてしばらく使ってから再起動して2666に設定すると立ち上がってくるから挙動がよく分からない。
GA-AB350M-Gaming3の癖なのかねぇ?
BIOSアップデートで改善されれば良いのだけど。
改善されないようなら別のM/Bも考えるかなぁ。
とりあえず消えたβBIOSを突っ込んでメモリー電圧を盛ったら起動するようになったので判断保留。
AsrockのAB350M Pro4が次の候補かなー

まぁ、それはともかくとして家の部品をかき集めてマシン作った。
しばらくこれで検証するけど、Zippyの電源うるせぇw
OSは一時的なものなのでWindows10の評価版を入れた。

またTMPGEncで比較するのでTVMW6の評価版を両方に入れてテスト。
CUDAが有効になるような局面でどう変わるのかは、Geforceがメインマシンのみでビデオカードを入れ替えないといけないので未実施

ソース1
けものフレンズ「ゆきやまちほー」
ゆきやまちほー書きかったちゃうんかと。
その通りです(殴
encode_filter_source1
インターレース解除のみ。
CUDAを有効にしててもCPUだけでエンコードが完結する。

ソース2
このすば2期「この素晴らしい仲間たちに祝福を!」
キレたウィズ強すぎない?(そうじゃない
encode_filter_source2
インターレース解除と左右のクロップ。
CUDAを有効にしているとCUDAが仕事をする。
(今回はCUDA無効)

まずはRyzenでメモリー速度を変えてエンコード速度が変わるかどうかを確認。
Ryzen 7 1700の定格のエンコード中のクロックは3.2GHzだった。
ちなみにグラフの単位は全部秒です。

ソース1
encode1_memoryspeed
全体的にTVMW5の時より普通に速いんだけど。
メニーコアに最適化されたんかね?
64bitアプリケーションだからかね?
というかメモリーが1RANKだと速くなるの?
原因はよく分からないけどRyzen君が覚醒した!
メモリー速度がDDR2133→DDR2666で3%程度速くなった。

ソース2
encode2_memoryspeed
こっちはDDR2133→DDR2666で2%程度だけどエンコード時間が長いので短縮した時間は長い。
このソースだと測定ミスを疑うほど圧倒的にCore i7が速いね。

DDR2666でAVX、AVX2を無効にして、マルディプレクスバッファサイズの設定を変更。
ソース1
encode1_avx
無効にしたら3%速くなってCore i7より速くなった。
AVXが苦手なのは本当なのね。

ソース2
encode2_avx
こちらは7%速くなったけどCore i7には遠く及びませんな。

今度はメモリーを2666で動かしたままOCしてみるよ。
ソース1
encode_oc1
3.6GHzが最速になってそれ以上OCすると遅くなっていく……
これは動いているけど不安定だと思った方が良いね。

ソース2
encode_oc2
3.7GHzが抜けてるのは気にするな!
こちらはクロック通りに上がっていくねぇ。
ソース1はミスったのか頭打ちになってたのか。

結論
メモリーは1Rankがいいぞ!
メモリークロックは速い方がエンコードも誤差範囲レベルではあるものの確実に速くなる。
CPUクロックはオーバークロックした方が速くなるけど、適度に喝入れをしないと逆に遅くなるケースもある。
AVX, AVX2は両方無効にした方が速くなる。
基本性能のゴリ押しで命令系の不利はひっくり返せる局面もある。
ひっくり返らない部分はCUDAが使われる場面だと思われるので、CUDAを有効活用すると逆転しないまでも差が縮まると思われる。
今度はCUDAを使った時の検証するか。

Ryzenと6800Kのエンコード比較のまとめ

今更だけど前回のエンコード結果のまとめ。
前回フィルタの話を入れてなかった。
encode_filter
常にインターレース解除の2倍fps化で適応補間のみ。以上!

CPU 周波数(GHz) 時間(Sec) 消費電力(W) エンコード速度(fps) 1Wあたりのfps
Core i7 6800K 3.4 907 142 96.2 0.677
4.0 789 183 110.6 0.604
Ryzen 7 1700 3.0 986 121 88.5 0.731
3.6 855 167 102.0 0.611
3.7 824 170 105.9 0.623

グラフにしてみた。
encode_speed1
絶対的な速度は6800Kの勝ち。
OCしても6800Kの優位は変わらず。

encode_pwr_con1
消費電力はRyzenが明らかに少ない。
OCすると差が詰まるけど。
それにしてもOCすると消費電力増えるな〜

encode_efficiency1
消費電力効率はRyzen優位すな。
消費電力を考えると定格一択かw


プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ