Threadripperを買った後にRyzenのマザーのことを書くってどうよとか思いつつ、うp

GA-AB350M-Gaming3がうんともすんとも言わなくなって、修理に出す間の繋ぎで購入。
なお、GA-AB350M-Gaming3が動かなくなった原因は良くわからないけど、CMOSクリア&バッテリー抜き放置で治った模様。
そんなの初めて聞いた……

本当はWSクラスのマザーが欲しかったのだけど、残念ながらRyzenマザーにそんなものはない。
ゲーミング系……ならGA-AB350M-Gaming3だってゲーミング系だしw
Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/acはスペックはかなり良いんだけど、スロットが一つ足りない。
10GbEのカードが挿したいので。

X370で2つのスロットで帯域をx8ずつに分割できるやつ……っていうとATXにしかない。
M-ATXでX370なのはBIOSTAR X370GT3 Ver. 6.xだけど、PCI-E x1のスロットにカードを挿すとx16形状のx4がx1で動作する残念仕様。
そこはx8、x8で分割して独立でx4で使えるようにするところだろう。常識的に考えて。

とはいえ、ないものねだりをしてもしょうがないので、あるマザーの中から吟味するけど発売当初とあまり状況が変わらん。

Biostar:唯一のX370がある。VRMのフェーズは少なめ。蟹。
MSI:VRMのフェーズは少なめ。蟹。M.2スロットがVGAの直下。
ASRock:VRMのフェーズが多め。蟹。M.2スロットが2本で配置が良い(ただし片方SATA)。ちょっと安い。

ASUSがないのはPCI-Express x16以外が全部x1だから。
1本x4は設けられる筈なので、そのスロットがついてるマザーのみを対象にしてる。
最終的にASRockにした。
最近ASRock率高いな。

全景。
ab350m_01
黒銀で大人しい感じ。

CPU周り。
ab350m_02
電源周りは3x2+3で9フェーズ。
CPU側が3x2。
3フェーズが並列(?)なので6フェーズではないらしい。
SoC側は3フェーズ。
それぞれにヒートシンクが載っているので、発熱しても安心だ!

バックパネル側から。
ab350m_03
最近のマザーにしては珍しくPS2端子が完備。
APU向けに画像出力端子も装備。
VRMのヒートシンクの形状が意外と凝ってる。

拡張スロット。
ab350m_04
M.2の配置がグラフィックカードの裏になるので、通常の配置より冷えそうである。
拡張スロットはCPU側から、
 PCI-Express x1
 PCI-Express x16
 PCI-Express x4(x16形状)
という構成。
PCI-Express x4(x16形状)の下に2個めのM.2スロットがある。
こっちはSATA専用のスロットでSATA3_3と排他。

最後に組み込んだ図。
ab350m_05
M.2のSSDが見えて良いね!

戯画で2666で起動していたメモリーが2666で起動しないので、少々メモリーに対して厳しいみたい。
あと、SoCの電圧は変更できないので、メモリーのOCを頑張るのはできない。
まぁ、MicroATXだしあまり無茶するなってことかな。