Ryzenがエンコードが速くなると聞いてウズウズするオレガイル。

2ch見たら良い感じに人柱が。
買うなら1700のコスパが良いようね。
マザーは買うならB350でBiostar、MSI、戯画かなぁ。
全体的に載ってるSATA少ないな。

X370で6ポート
B350で4ポート
戯画のB350はM.2と排他だけど6ポートついてるな。

あと、LANが基本的にカニィィィィ!!!!
ワークステーションクラスじゃないとBroadcomとかIntelは載せてくれないか。
K8N-LRっていうAMDとIntelとnVidiaのパーツが載ったマザーがあってな……w

それはそうとMicro-ATXな候補。

BIOSTAR B350GT3 Ver. 6.x
MSI B350M MORTAR
GIGABYTE GA-AB350M-Gaming 3
ASRock AB350M Pro4
ASUSはPCI-Expressの構成で予選落ち

Biostarかなぁと思っていたら戯画のが発売された。
MicroサイズのAM4対応ゲーミングマザーがGIGABYTEから登場(ASCII.jp)
しかも秋葉に在庫があるとのツイートが!

自転車の練習を終えてから久々に秋葉に出動。

着いてCPUが売っているのを確認してからマザーを確保。
金曜入荷分は即日完売だったらしいけど、この日はまだ5枚ぐらい残ってた。
回った店にはマザーが売ってたし、秋葉に限って言えば行けばそれなりに買えるようになり始めたのかな。

そんで購入するなりそそくさと帰宅w

次の日早いし、帰って6800Kで比較するためのベンチマーク取らないといけないしな!
というかAM4向けのクーラーないやんけ……
リテールクーラーが付属してる1700にしておいて良かった。
リテールクーラーはこんな感じ。
wraith_spire

CPUとの設置する場所が銅になっていてそれなりに冷えそう。

そんで翌日に組み始める。

リテールクーラーは大きくないからケース内の作業が楽で良い。
ryzen_in_pc

意気揚々と配線をして起動。
Windows10だし特に問題ないだろう→起動中にBSOD

なん……だと……

まぁ、メモリーのセッティングが速いとダメだっていうからな!
2400MHzから1333MHzに変更したらさすがに起動するべ!

ちなみに我が家にあるDDR4のメモリースペックはこんな感じ。
CrucialのBLS8G4D240FSA。
memory_spec
Ballistix Sportってヤツですな。

起 動 し ま せ ん /(^o^)\ナンテコッタイ

よく分からないからWindows入れ直すか→データコピーでBSOD

ま だ メ モ リ ー か 。

2枚挿しはやめて1枚にするか……

あれ……メモリーの設定を適切にしたら起動したんじゃ……
が、既にOSの領域はフォーマット済み!残念大魔王。
        ____
      /   u \
     /  /    \\    諦めて入れ直すお……
   /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
   \  u   `⌒´   /

しかしこんなこともあろうかとバックアップは取っておいたのだよ!
マイドキュメントはOneDriveで自動バックアップだしクラウド万歳だな。

で、復旧もそこそこに比較するぜよ。

ありきたりなCINEBENCHとかどうでもいいよね。
一応やったけど、巷での結果通り。

肝心なのはメインで使うTMPGEnc。
うちはまだTVMW5なんだけど。

メモリーは2133に設定したら2枚挿しで動作するようになったのでそれが比較対象。
やっぱりデュアルチャネルじゃないとパフォーマンス出ないね。

ソースは24分15秒。
エンコードの設定は適当マン。
1PASSはこんな感じ(雑)
映像の設定
encode_setting1

レート調整モードの詳細
encode_setting2

音声の設定
encode_setting3

GOP構造
encode_setting4

詳細設定(雑)
encode_setting5

その他は特に弄ってないけどこんな感じ。
encode_setting6

結果。
6800K定格は15分7秒。
4
エンコード中の消費電力は142W

Ryzen 7 1700は定格だと16分26秒。
no title
エンコード中の消費電力は121W

3.6GHzで14分15秒。
6
とりあえずは動くけどTMPGEncを完走するにはVcoreに喝入れが必須。
SoC Vcoreと両方設定ができるけど、どちらを盛るのが良いのかわからないね。
エンコード中の消費電力は167W

3.7GHzで13分44秒。
7
エンコード中の消費電力は170W
正直安定しない。
どこに喝入れすれば良いのかねぇ。

メモリーのレイテンシを緩めたら一応2400でも使えるようになった。
クロックを上げると結構早くなる。
memory_setting
ただ、そうするとCPUのOC耐性に余裕が無くなる感じだけど、クロックあたりの性能は上がったかな。

3.5GHzで3.6GHzとほぼ同等の14分14秒に。
5

ちなみに6800Kを4.0GHzにOCすると13分9秒。
no title
Vcoreを0.1Vほど少し盛ったらRyzenの比じゃないぐらい安定。
エンコード中の消費電力は183W

ということでTMPGEncの速さに限れば6800Kの勝利。消費電力多いけどw
ただ、Ryzen君舐めプしてるんだよね。
CPU使用率30%台ってやる気なさすぎやろw
ryzen_namep

Core i7の方がプロセス使えてるけどコア数の違いなのかアーキテクチャーの違いなのかは今回の比較だけでは判断できないな〜
core_i7_fullload
6900Kを使えば条件が一緒になるけど、そうしたら価格帯が違いすぎるし、そもそも買えないっすw

エンコードをシングルで実行するなら6800Kの方が速くて安定してるから良いね。
Ryzenは初物だけあって安定しませんぞw
ただ、2つ同時にエンコードするならシングルで余裕のあるRyzenの方に分があるかな。
その辺の検証はまたの機会に。