電脳遊戯の嵐

PC、ゲーム、自転車を中心にぼちぼち書いていきます。
保証対象外となる作業については自己責任で。

2017年10月

【2017/10/29更新】Ryzen Threadripper 1950XでTVMW6(Ryzen 7 1700との比較)

(2017/10/29 データ比較のグラフを追加しました)

遅くなったけど、Ryzen7 1700(以降1700)とRyzen Threadripper 1950X(以降1950X)の比較をします。
比較する手段は表題の通り、TMPGEnc Video Mastering Works 6。
とりあえず純粋なCPU性能勝負ってことでCUDAは無効。
テストのためにマイニング用のビデオカードは拝借できません。

エンコードするソースは再放送分のけものフレンズ「さばんなちほー」を使うことにした。
以前ソースにしていたファイルは先日の録画ファイル化け事件で全滅したので過去のデータと単純比較できないのはご容赦ください。(しかもコーデック変えちゃったし)

フィルター設定はインターレース解除(2倍fps化&アニメ補完2)のみ。
コーデックの設定はx265の品質固定(詳細省略)

まず1本エンコードする。
1700
R7_1encode_m

1950X
TR_1encode_m

graph_1encode

1950Xの方が速いけど、ご覧の通り動作クロックの分速いだけ。
R7_CPU-Z
TR_CPU-Z

Ryzenでパフォーマンスに影響のあるメモリーの設定はそれなりに合わせてある。
1700
R7_CPU-Z_MEM

1950X
TR_CPU-Z_MEM
そういえば、1950Xはクアッドチャネルにだけど、その恩恵を受けてる感じはしないなぁ。

エンコード中のCPU使用率はこんな感じ。
R7_CPU_Usage
TR_CPU_Usage
Threadripperはコア数多くて壮観ですな。
じゃなくて、コア数の多い分CPU使用率が低い。
当然その分たくさん仕事できるということで、多重作業させるしかない。
という訳で、次に2本同時にエンコード。
1700
R7_2encodes_m

1950X
TR_2encodes_m

graph_2encodes
うむ、Threadripperの本領を発揮し始めてる。
1700も1本当たりにかかる時間は短縮してるから!
(約51分で2本エンコードしたので1本あたり約25.5分という計算で)
1950Xが速すぎるだけだから!(約18.5分……)

エンコード中のCPU使用率。
R7_CPU_Usage_2encodes
TR_CPU_Usage_2encodes
CPU使用率が100%に張り付いてしまった1700に対して1950Xはまだ余力がある。
が、余力があっても、1本の時と同じ速度ではエンコードできてはいないけどね。

更に負荷を上げてみるってことで3本同時にエンコード。
1700
R7_3encodes_m

1950X
TR_3encodes_m

graph_3encodes
1950Xが順調に1700を引き離してる。
1700は1本当たりにかかる時間が2本とほぼ変わらない(約24.5分)のに対して1950Xは順調に時間を短くしてきてる(約15分)
R7_CPU_Usage_3encodes
TR_CPU_Usage_3encodes
1700は完全にCPUを使い切ったw
1950Xはまだ余裕を見せてる。
というか使用率の値が2本の時より低いやん……
スクショを取るタイミングミスった。

1950Xはまだ行けそうということで、4本同時エンコード。
TR_4encodes_m
流石にきつくなってきたけど、何とか1本当たりの時間は短縮(約14分)してるよ……

TR_CPU_Usage_4encodes
そろそろ限界ですな。

1950Xで本数を変えてエンコードした時の時間をまとめるとこんな感じ。
graph_4encodes
時間の伸び方は比例ではなくて一次関数に近い感じ。

かかった時間を同時に実行した本数で割るとこんな感じに。
graph_4encodes_per
1本はThreadripperの無駄遣いと罵られてもしょうがないかなw
やるなら2本以上だね。

という訳で、TMPGEncでは単体でエンコードするとTreadripperの良さはあまり出ません。
エンコード中にCPUの余力を他に回せるけど、それがどのぐらいの利点になるやら。
単体でのエンコードを速くするなら1800X買うか1700をオーバークロックすれば良いと思ふ。
アニメが多くて複数まとめてエンコード!っていうならThreadripperもあり。
そもそもTMPGEnc使うならIntelだろうという説もあるのは(゚ε゚)キニシナイ!!
ダブルグリスバーガー使いたくないしw

16コアでインターネットをやるのもいいけど、今はマイニングという活用方法があるので良いよねぇ。
cpu_mining
RyzenはMoneroをマイニングするのに向いてるらしい。

ASRock AB350M Pro4

Threadripperを買った後にRyzenのマザーのことを書くってどうよとか思いつつ、うp

GA-AB350M-Gaming3がうんともすんとも言わなくなって、修理に出す間の繋ぎで購入。
なお、GA-AB350M-Gaming3が動かなくなった原因は良くわからないけど、CMOSクリア&バッテリー抜き放置で治った模様。
そんなの初めて聞いた……

本当はWSクラスのマザーが欲しかったのだけど、残念ながらRyzenマザーにそんなものはない。
ゲーミング系……ならGA-AB350M-Gaming3だってゲーミング系だしw
Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/acはスペックはかなり良いんだけど、スロットが一つ足りない。
10GbEのカードが挿したいので。

X370で2つのスロットで帯域をx8ずつに分割できるやつ……っていうとATXにしかない。
M-ATXでX370なのはBIOSTAR X370GT3 Ver. 6.xだけど、PCI-E x1のスロットにカードを挿すとx16形状のx4がx1で動作する残念仕様。
そこはx8、x8で分割して独立でx4で使えるようにするところだろう。常識的に考えて。

とはいえ、ないものねだりをしてもしょうがないので、あるマザーの中から吟味するけど発売当初とあまり状況が変わらん。

Biostar:唯一のX370がある。VRMのフェーズは少なめ。蟹。
MSI:VRMのフェーズは少なめ。蟹。M.2スロットがVGAの直下。
ASRock:VRMのフェーズが多め。蟹。M.2スロットが2本で配置が良い(ただし片方SATA)。ちょっと安い。

ASUSがないのはPCI-Express x16以外が全部x1だから。
1本x4は設けられる筈なので、そのスロットがついてるマザーのみを対象にしてる。
最終的にASRockにした。
最近ASRock率高いな。

全景。
ab350m_01
黒銀で大人しい感じ。

CPU周り。
ab350m_02
電源周りは3x2+3で9フェーズ。
CPU側が3x2。
3フェーズが並列(?)なので6フェーズではないらしい。
SoC側は3フェーズ。
それぞれにヒートシンクが載っているので、発熱しても安心だ!

バックパネル側から。
ab350m_03
最近のマザーにしては珍しくPS2端子が完備。
APU向けに画像出力端子も装備。
VRMのヒートシンクの形状が意外と凝ってる。

拡張スロット。
ab350m_04
M.2の配置がグラフィックカードの裏になるので、通常の配置より冷えそうである。
拡張スロットはCPU側から、
 PCI-Express x1
 PCI-Express x16
 PCI-Express x4(x16形状)
という構成。
PCI-Express x4(x16形状)の下に2個めのM.2スロットがある。
こっちはSATA専用のスロットでSATA3_3と排他。

最後に組み込んだ図。
ab350m_05
M.2のSSDが見えて良いね!

戯画で2666で起動していたメモリーが2666で起動しないので、少々メモリーに対して厳しいみたい。
あと、SoCの電圧は変更できないので、メモリーのOCを頑張るのはできない。
まぁ、MicroATXだしあまり無茶するなってことかな。

電源タップが焦げてた(汗

各ネタはたくさんあるんだけど、FGOを始めてしまったせいで書く時間をそちらに吸い取られてしまっております。
無課金で進めていて今はこんな感じ。
20171023_02
キャメロットに入ったところで雑魚戦の強さに挫折してサーヴァント強化に勤しんでる。
ガチャしても☆4のサーヴァントが一向に出なくてキレそうだけどね。
☆4のサーヴァントがゴ魔乙の☆5の使い魔ぐらいの感覚。

良ければ登録( ゚д゚)ノ ヨロ
20171023_01

閑話休題。
マイニング始めて消費電力が増えたので電源の配線を見直そうと思ってたのよね。
タップの口が足りなくてタコ足していたのを口の多い新しいタップを買ってタコ足をやめるのだ。
で、配線を外してたらやべーものを見つけてしまった。
20171023_03
どう見てもタップが熱で変形してます。
というか焦げてます。

中も分解してみた。
20171023_04
Oh……火事にならなくて良かった……
というか構造もやべーだろこれw
使ってた電力は1500Wは超えてなかったはずなんだけど、安物のタップはあかんな……
みんなも気をつけような!

今度はサンワサプライのちゃんとしたやつを買ったからきっと大丈夫!

ねんがんのスリッパをてにいれたぞ!(組立編)

順番が前後してしまったけど、購入してきたスリッパの組み立て。
まずはCPUから開封。
20171001_01
CPUのパッケージがSUGOI DEKAI.
奥に現物がチラッと見えるのがエロい。

帯を切り取ると裏に開封方法が書いてある。
20171001_02
開けるとトルクスのトルクレンチとAsetek製水冷ユニットのリテンションがこんにちは。
20171001_03

んで、CPUの方を開封。
20171001_04
DEKAI.

CPUを納めてるパッケージの封をしている針金が固いので、気合で外す。
20171001_05
かなり強引にいかないと取れなかった……

そしてスリッパ様登場。
20171001_06
SUGOI DEKAI.
そして重い。
思わず重量を量ってしまったw
20171001_07
139gだって。
軽量サドル並じゃん!
そう考えると軽く思えてくるな!(ぇー

次にマザー
20171001_08
ASRockのマザーに貼ってあるこのシールの女の子が気になったので調べたらH170 Performance/Hyper (Tsukumo edition)に書かれてたキャラか。
カワイイ。

何か紙が入ってたよ。
20171001_09
「※尚、本サービスはIntelプラットフォーム製品のみ対象となります。」
ど う し て 入 れ た 。
LGAソケットを使ってるマザーだったら保証対象にしてくれたりするのかな?

まぁ、いいや。
ソケットがほぼDIMMと同じ横幅になってる……
20171001_10
付属のトルクレンチを使って装着すると、名前が逆向き。
まぁ、Ryzenの時もそうだったか。
AB350MG3ALL
バックプレートはいつも通りスポンジ無し。
変なベロがなくなっただけ良いか。
あれ、LANとかUSBのポートに引っかかって中に入り込むんだよなw

ケースはCORSAIR Carbide Series Quiet 400Qを使う。
元々ASUS ROG ZENITH EXTREMEを買おうとしてたからE-ATXの入るケースを買っちゃったんだけど、ATXで済むんだったらFractal DesignのDefine Cにしておけば良かった。
Define mini Cと比べて鉄板がペラペラ……
Define mini Cより側板はデカいけど、重さがかなり軽い……
各部を触った時に感じる丈夫さが違う。

構造の思想はDefine Cと同じかな。

そしてCPUクーラー。
リンクスインターナショナル取り扱いの商品は外側のビニールに貼ってあるシールを捨てると保証が受けられなくなるブービートラップがあるので、みんな気をつけような。
20171001_11
Corsairは保証期間が長いものが多いから保証が受けられないと余計泣けるよな。
というかサポートセンターの受付時間www

SocketTR4にも対応してるという話だったから、パッケージにリテンションが入ってると思ったらそうじゃなくて、CPUパッケージに入ってるリテンションが使えるってことだった。
ところでTR4ってThreadRipperのTRなのかな?

SocketAM4とかのノリで熱伝導グリスを塗ったら半分ぐらいにしか行き渡ってなかったw
スリッパは相当テンコ盛りにしないといけないのね。

組み込む順番を間違えると部品が付かなくなるので注意。
必ずしもこの順番って訳じゃないけど、参考にどうぞ。
・電源をケースに装着。
・ケースファンをケースに装着。
・CPUとメモリとM.2 SSDを装着したマザーボードをケースに装着。
・マザーボードのATX12VとEPS12Vを配線。
・CPUファンコネクターを使う場合はこのタイミングで配線。
・CPUクーラーのラジエターを装着。
・CPUクーラーのヘッドを装着。
・電源(マザー・ファン関係)・スイッチ関係・USBを配線。
 (フロントオーディオパネル・シャーシファン2を除く)
・電源・ストレージのカバーを装着。
・フロントオーディオパネル・シャーシファン2を配線。
・拡張カードの装着。
という流れ。

上にラジエターを設置したんだけど、TaichiのVRMのヒートシンクと干渉する。
20171001_12
ここにファンを付けようとするとヒートシンクに干渉する箇所を削らないと付かない。

とりあえず組み終わった図。
20171001_13
CPUマイニングで水温が40度を超えてくるのでエアフローを見直す予定。
プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ