電脳遊戯の嵐

PC、ゲーム、自転車を中心にぼちぼち書いていきます。
保証対象外となる作業については自己責任で。

Moto G5 PlusのOSを最新化してFGOを動かす

Moto G5 Plusはメインで使わなくなったので、カスタムROMを入れて遊ぶでよ。
(ゴ魔乙入ってるけど(゚ε゚)キニシナイ!!)

というかカスタムROMでどうやったらFGOが動くのか……
以前入れたResurrection Remix OS(以下RR)では動かないからなぁ。
root取っているとはいえ、Magiskで隠してるから動くはずなんだけど。

という訳でLineageOS 15.1を非rootで導入してみる。
手順は以前RRを入れた時と同じ。
ただ、入れる前にTWRPを最新化しないとOSイメージのインストールでエラーになったのは注意かな。
1. TWRPの最新化
 ダウンロードはここでfastbootで焼くor起動する。
 詳細な手順はこの辺で。
 
2. Advanced Wipeで、dalvik, system, cache, dataをWipe

3. RRとGappsをインストール
 LineageOSはXDAのリンクからダウンロード。
 Gappsのダウンロードはいつものところから。
  Platform:ARM64
  Android:7.1
  Variant:好きなの(オレはmini)
 Nougatの時はPlatformがARMだったけど、OreoだとARM64になってた。
 というか元々ARM64で良いと思っていたから別にいいんだけど。

で、LineageOSをインストールした後にFGOをインストールして起動したところ……
→error 60

rootじゃねぇよ!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
という訳でroot以外の何かが起動を阻んでいる模様。
ちなみにゴ魔乙は何事もなかったかのように起動するので、Mi Mix 2Sがバージョンに対応していない謎は深まった。

この手順を見るとAndroidの設定ファイルのパラメーターを見てる?

実際に動くかも分からないけど試してみようかと思ったけど、その前にRRでFGOが動いたという情報も見つけたので、非rootでRRをインストールして確かめてみる。
RRのROMは公式のダウンロードからで、Moto G5 Plusはこれ
moto_g5_fgo
え、何事もなかったかのように動いた。

どゆことw
今までの苦労は一体……
何か怪しいことをしなくても済むということが分かったのは収穫だけど。

カスタムROMでFGOするなら非rootで導入するRRがベターな選択ということで。
他のカスタムROMもあるけど、RRで動くなら別に他は要らないよな(ぉ

Mi Mix 2SにRRが来たら入れようかなぁ……

FreeNASで消えないファイルを削除する

FreeNASの共有フォルダに機種依存文字を含んだ名前のファイルをコピーしてしまうとアクセスできなくなることがあるんですよ。
毎回同じ現象になるという訳ではなさそうなんだけど、いざ起きてしまうと共有フォルダからでは何もできなくなるので、何とかする手順は残しておいた方が良いなと。

何とかするのはSSHでFreeNASにログインして、直接ファイルを弄ることなんだけど、ご覧のように普通にログインしても共有フォルダ名及び、ファイル名の全角は文字化けして何もできない。
freenas_01
ちなみに、FreeNASにSSHでログインしたり、共有フォルダがどこのディレクトリにあるかぐらいは自分で調べてくださいね(はぁと

文字化けを何とかするのは /root/.cshrc の最後に下記の2行を追加すれば良い。

setenv LC_CTYPE ja_JP.UTF-8
setenv LANG ja_JP.UTF-8

ファイル編集はviで。
使い方が独特なので操作方法はGoogle先生に聞いてください(丸投げ
編集するユーザーは当然rootで。
rootにどうやってなるか?Google先生に聞いてk(ry

追加後にrootでログインしなおせばこの通り。
freenas_02

そして無事に削除出来るようになった。
freenas_03

一歩間違えたら必要なファイルまで削除することになるので気をつけろよな。

ビデオカードの水冷化(2/2)

前回ビデオカードに水枕を装着したので、今回はパーツをケースに組み込んでいく。
ケースはNZXTのH700i。

買ったもののおさらい。
Alphacool Eisbaer 360 CPU - Black
Alphacool Eiswolf GPX Pro - Nvidia Geforce GTX 1080 Ti M18 - incl. backplate
Alphacool NexXxos Eiswolf / Eisbaer Ready ST30 Full Copper 240mm radiator
Alphacool AMD Threadripper/Epic TR4/SP3 mounting bracket for Eisbaer/Eisblock
Be quiet! Pure Wings 2 - 120 - 2000rpm  x 3

メインはAlphacool Eisbaer 360 CPUで360mmのラジエター→CPUと流して、そこから240mmのラジエターからビデオカードで360mmのラジエターに戻るという流れで水路を組みたてる。
ラジエターは360mmを天井、240mmを前面に設置する。

Alphacool Eisbaer 360 CPUを開封。
17cpu360mm
こんな感じで梱包されていた。
ファンが2個と1個で分かれてた。

軽く動作確認したらクイックリリースを外してしまうぜ。
外すと保証対象外になるので注意。
18qr_disconnect
ビデオカードの水冷ブロックに書いてあったIN OUTの標記から推定すると、外れるのはCPUから出ていく方だと思われる。
クイックリリースを外す時はそれなりに冷却水が漏れるでちと不安になる。

ちなみにチューブは本格水冷で使うようなので曲げた時に潰れてしまわないように、バネが巻かれてる。
サイズは自作とゲームと趣味の日々さんで同じシリーズのレビューをしているのを見ると内径8mm/外径11mmではないかと。

H700iの天井のファン取り付け部は取り外しができるので、ケースにパーツを組み込んだ状態でもラジエターを取り付けるのは容易。
19equipe_radiator
これが外れないとケースをひっくり返したり、片手でラジエターを抑えながら四苦八苦して取り付けることになるのよね。

ラジエターのファンは付属のではなくて、買った方を装着。
20pw2_2000
Be quiet!のPure Wings 2 120mmでPWM対応で2000rpm。
オリジナルは1500rpmでメーカーのサイトには他の仕様が見当たらないし謎。
800円だから良いけどね。
マザーのモニターソフトで見たらちゃんと2000rpmで回ってる。

ちなみに、Alphacool Eisbaer 360 CPUに付属していたファンもBe quiet!のPure Wings 2 120mmだった。
21pw2_1600
こっちはPWM対応の1600rpmという仕様。
22pw2_1600_2
ロゴがAlphacoolになってる。
事前に確認した時はEiswind 12から変わったのかな。

CPUブロックへのブラケットの装着は左右から押し込むんだが、噛み合わせが固くて入らなかった。
23waterblock_cpu
フガー!と力任せに押し込んだらハマったんだけど、これ外す時どうするの?w
とりあえずThreadripperで使う限りは困らないけど。

ラジエターは全て吸気で使うので、ケース→ラジエター→ファンと配置したいんだけど、フロントに240mmのラジエターを装着しようとしたら、ラジエターの下の出っ張りで一番下にケースファンが付かなくなったw
こんな感じで120mmファンのほぼ隙間なく付くような感じなのよねー
24h700i_front
という訳でしょうがないから前面についてはケース→ファン→ラジエターという配置。
25main_machine1
ラジエター、CPUブロック、ビデオカードをケースに装着して最後にクイックリリースを接続。
最後に240mmラジエターとビデオカードの取り回しをミスったwww
ま、とりあえず支障ないから放っておこう……
ちなみに、ビデオカードの水冷ブロックのポンプの配線は下から。
TaichiのCPUソケットとPCI-Exの間のファンコネクターが初めてありがたいと思った。

で、しばらくこれで使ってたらLANカード(X540-T2)がオーバーヒートした。
26lan_overheat
ぐぬぬぬ……

前面のラジエターの内部にファンを追加して、LANカードの上部に80mmファンを追加。
27main_machine2
大昔に購入したNidecのファンなのでケーブルが赤黄黒で目立つw
水冷ブロックの配線と同じように下から回そうとしたけど、挫折。

これでLANカード以外も冷えるでしょう……

ビデオカードは80度超えから50度程度になったので思う存分負荷をかけられるようになった。
28fullpower_mining
が、今度は机の下が30度ぐらいだったのが35度ぐらいになった。
今までは排熱が十分に出来てなかったのが、存分に排熱されるようになったもんだから、机の下に出てくる熱量が増えたってことか。
今度は机の下の排熱を考えないといけない……
とりあえず空気清浄機で滞留を防ぐ。
29aircleaner
そういえば、例のアレを外したままつけ忘れた。
30h700i_parts
ま、無くても困らないからいいやw

Xiaomi Mi Mix 2SでDSDS

5chのスレを眺めてたらDSDS出来るかを気にしてる人がいて不思議に思っていたんだけど、HuaweiのDSDV機だとDSDSできないから、Xiaomiで出来るのか気にしてたのかね。
うちでSIM1にFOMA SIMとSIM2にLINEモバイルSIMで使えてるのでDSDS対応ですよっと。
データ通信はもちろん電話の動作も問題ない。
50_dsds

ビデオカードの水冷化(1/2)

そういえば、ビデオカードの水冷化を何で考え始めたのかを書き忘れた。
以前簡易水冷のクーラーを新調する話を書いたんだけど、使い始めて数ヶ月で壊れたのよ。
え、5月下旬に書いて何で数ヶ月かって?
考えてたの1月で買ったの1月下旬だったのw
どうやらラジエターが詰まったような感じになってサポートに連絡して送ったら新品交換になったんだけど、完全な一体型だとこちらの手が出ないのは何か自作PCっぽくないので、汎用品を使ってる水冷にしようと思った次第。

という訳で前回の続き。
注文したのが9日程度で届いた。
住所が建物名の途中で切れて部屋番号が書いてなかったけどちゃんと届いた。
郵便局すごい。
関税がかかってたので税付きだったはずけど、お爺ちゃんの配達員が代引きと言っていたのはご愛嬌。

注文した商品が全部入っているのを確認。
SocketTR4用のブラケットが裸で入っていて目立たなかったので、ないかと思って緊張したけどダンボールの底に入っていて安心。

とりあえずビデオカードのヒートシンクを交換する。
パッケージはこんな感じ。
01heatsink

ヒートシンクを取り出したら驚愕の事実が!
02heatsink_bad
ヒートシンクがひん曲がってた。

見事な曲がりっぷり。
まぁ、大方輸送中に衝撃が加わったんだろう。
03heatsink_bad2

言えば交換してくれるかもしれないけど、返送してまた送ってもらってたらまた2週間ぐらいかかりそうだし、別にさほど影響のある部分でもないので、力技で解決することにした。
04headsink_mod
ほら、ラジオペンチで曲げ直してやれば元通り←

肝心のポンプの方は試しに回したら動いたので問題なし。

本日の生贄のZOTAC GTX 1080Ti AMP Editionの表面。
結構立派なクーラーなんだけどあんまり冷えないのよねぇ。
05default

裏面。
特に封印シールもないし、分解しても良いってことだよね←
06backplate

バックプレートの穴から覗いている+ネジを5箇所外す。
ちょっと小さめドライバーの方が良いかな。
07backplate_boltoff

ネジを外したらヒートシンクが外しても良い状態になるけど、外す前に補助電源側のコネクターを外しておく。
08cable1
ちなみに、うちのはしばらく使っていたせいもあって、ネジを外しただけでは外れなかったので、すこしヒートシンクをドライヤーで温めて剥がすように外した。

ただ、ヒートシンクを外す時はまだ配線が残っているので勢いよく外したらいかんでよ
09cable2

デカイヒートシンクを外した状態。これでバックプレートが外せる。
あと、VRM部分にヒートシンクが残っているのでこっちも外けど、固定のネジがバックプレートを外さないと外せないので、先にバックプレートを外す。
ネジは精密ドライバーとかミニ四駆用のドライバーを使うのが良いかと。
10kiban_only

バックプレートを外した状態。
ここからヒートシンク固定のネジを外す。
11backplate_off
こっちのヒートシンクもドライヤーで温めて外した。

これでようやくスタート地点に立った。
マニュアルを読んでサーマルパッドの準備をするでよ。
12manual

サーマルパッドをカットしないといけないけど、マニュアルに原寸大で書いてくれてるので、そのとおりにカットするだけの簡単な作業です。
13manual2

サーマルパッドの両面のフィルムは硬めのプラスチックの方から外すのが正解だと思った。
粘着力がもう一方の薄いビニールっぽいやつより強いから剥がしづらいのなんの……

マニュアルのとおりに貼り付けてプレートを被せれば桶。
コアはグリスな。
14backplate
こっちはバックプレート側だけど、表の方のサーマルパッドが薄くて貼り付けづらかった。
ペラペラと鬱陶しいんだよなぁ。突起物が近くにあったら張り付くし。

作業後はこんな感じ。
15liquidcool_front
16liquidcool_back
マジで水冷ヘッドがコアの部分しかない。
水冷部分に熱を伝えようという気概は感じられないw
そしてすごい重さだ。
これなら確かにスロットを金属で補強という方向に走るのも分かる。

とりあえずビデオカードが組み上がったところで今度は各部品をケースに組み込む作業。

ビデオカードを水冷にすることにした

当初はフルパワーで70度ぐらいだったけど、今はフルパワーにすると80度ぐらいになる……
6encodes_GPU_s
ちょっと都合が悪いので水冷化を考えることにした。
今使ってるのはZOTAC Geforce GTX1080Ti AMP Editionだけど、フルカバーの水枕はBykskiとAlphacoolのみ……
(2018年5月末時点)
頼みの綱のEKWBは作っていなかった。
Bykskiはいわゆる中華。
Ahphacoolのはフルカバーなものの、水冷で冷やす部分がコアだけなので、全体を冷やすという意味だと一般的なフルカバータイプに劣るらしい。
本格水冷に行くかどうかを色々と調べてみた結果、Alphacoolが簡易水冷向けにZOTACに対応したモデルを出しているのを知って、Eisbaer、Eiswolfシリーズを使うことにした。
Eisbaer、EiswolfはAlphacoolが展開している簡易水冷シリーズで、配管にクイックリリースが設けてあるので、自由にパーツ構成の変更が出来るのが特徴。
ポンプは一般的な簡易水冷に比べたら協力っぽい?
ラジエターは銅だし、フィッティングも一般的なものを使ってるからパーツを流用して本格水冷にも移行できるのもポイント。

ビデオカード全体が冷えないのは手間とのトレードオフということで冷却用のファンを余分に付ければ良いでしょう。

んで、Aquatuningで注文。
Alphacoolのパーツが国内で買うより安いみたい。
最安がどこかまでは調べなかったけどね。

注文したのは下記の品。
Alphacool Eisbaer 360 CPU - Black
Alphacool Eiswolf GPX Pro - Nvidia Geforce GTX 1080 M18 - incl. backplate
Alphacool NexXxos Eiswolf / Eisbaer Ready ST30 Full Copper 240mm radiator
Alphacool AMD Threadripper/Epic TR4/SP3 mounting bracket for Eisbaer/Eisblock
Be quiet! Pure Wings 2 - 120 - 2000rpm  x 3

Be quiet!って風量の割に静かなので好きなんだけど、もう国内では在庫品以外は買えないのよね。
あと、国内だと高いし……
しかも1個800円ぐらいで安かったので必要以上に買ってしまったw

ドイツからだから到着まで1週間ぐらいかな。

【FGO】おき太とタマモちゃんサマー来た

おき太
FGO_20180610_1
ぐだぐだ看板娘とか来たら嬉しいなぁとか思って、PTKさんがおき太を引いたのを見ながら引いてたら来た。
セイバー版クイックお化け。
クイック宝具なので瞬間火力のパンチはそれなり(バフのテンコ盛りが出来ない)だけど、NP効率と星出し性能は良いので、武蔵ちゃんと並べて使いたい。
カード構成がパーティーで使う際に微妙だけど武蔵ちゃんもバスターゴリラなのでそこはそれ。

タマモちゃんサマー
FGO_20180610_2
ここからMi Mix2Sでプレイしているのでスクショに黒い帯が……
念願の単体星5槍を手に入れたぞ!
宝具に男性特攻付いてるのはアーチャーの強いどころが基本的に男なので割と便利。
スキルに癖があるけど、基本的に強いから(゚ε゚)キニシナイ!!
サモさんが欲しかったので回してたら二人目が来た。

星5鯖で初の宝具Lv2になったのはタマモちゃんサマーと相成りました
FGO_20180610_3

ブリュンヒルデも欲しいけど、ピックアップされない……

Xiaomi Mi Mix 2S 使用感

1. 速度
 FGOは問題なく動いてるし使っている中でパフォーマンスに文句はなし。
 というのも芸がないし、Antutuを回してみた。
 40_antutu
 あれー、リークの記事のスコア27万じゃなかったっけ?
 個別で比較するとGPU以外がえらく低い。
 5chのスレを見てみると初期化すると26万程度になるって話なのでそれもまた謎。

 温度が上がらないように制限をかけてるんじゃないかと思ってストレステストをしてみた。
 41_antutu
 どう見てもパフォーマンスを抑えられています。本当にありがとうございました。
 この辺り他のSDM845機はどうしてるのか気になるところ。

 Geekbenchも試してみたらこちらのスコアは情報通り。
 43_geekbench
 うーん、何だろ。
 普段使ってるときに遅いわけじゃないから別に良いんだけどね……

2. 発熱
 FGOのプレイで40度程度。
 Antutuのストレスチェックでも40度程度。
 42_antutu

 充電中が一番熱くなって40度前半。
 44_battery

3. バッテリーの持ち
 FGOをプレイするとそれなりに減るけど、ゴリゴリ減る感じではない。
 45_battery
 FGOのプレイ中は1時間で15%ぐらい減りかな。
 まぁ、このクラスのスマホを持ってる人はモバイルバッテリー持っとくよねw

4. 画面サイズ
 DEKAI。
 ツイートのボタンが片手で押せない。
 ここまで来たら諦めて両手使う。
 画面端はGalaxyのように豪快に面取りされている訳ではないので、ガラスフィルムは貼りやすい。

5. 指紋認証
 背面にあるのは好きになれないけど、認識は速くて良いね。

6. 充電
 QC3に対応してて速い。充電中は40度越えぐらいになる。
 10%程度から100%まで1.5時間ぐらい。

7. LED
 USB端子のところにあって充電の時は光る。
 設定で通知がある時に光らせるかは任意で選べる。

8. カメラ
 Moto G5 Plusの時と比べて一番変わったと思った部分。
 まぁ、カスタムROMにするとカメラの性能が落ちるという話なので……
 それにしたってMi Mix 2Sのカメラは画質が良いのではないだろうか。

9. ボタン
 構成はMoto G5 Plusと全く同じ。
 電源ボタンに音量ボタン。配置も同じ。

10. SIM
 トレイを引き出すためのピンはiPhoneと同じぐらいの太さ。

11. USB Type-C
 諦めてアダプター買った。
 Type-Cのケーブルも買っておくか。

12. イヤホンジャック
 付いてない。
 USB Type-Cからの変換が必要。
 BTのイヤホン買おうかなぁ。
 (でもFGOでしか使わない)

13. スピーカー
 FGOの音がiPhone6の時より聴き取りづらい。
 まぁ、値段なりってことで。

14. アラーム
 鳴らないと思ったらバッテリーセーバーが悪さをしていた。
 バッテリーセーバーを無効にしたら鳴るようになった。
 無効にしても特に減りが早くなったとかは気にならない。

15. ゴ魔乙
 OSがMIUIだからか分からないけど、Google Play Storeからインストール不可。
 46_gomaotsu
 お使いの端末、SIMフリーどころか中華端末だからなー
 サポート対象外すぎるよなぁ(遠い目
 Apkでインストールすれば動くだろうけど……
 まぁ、Moto G5 Plusを持ち歩いときます……

Xiaomi Mi Mix 2S セットアップ編

前回の続き。
今のMoto G5 Plusと比べるの忘れてた。
10_size
サイズは並べてもほとんど変わらない。
寸法はこんな感じ

Moto G5 Plus:150.2mm x 74.0mm x 9.7mm
Mi Mix 2S   :150.9mm x 74.9mm x 8.1mm

1mm大きいかってぐらい。
厚みに至っては薄くなってる。

重さはMi Mix 2Sが明らかにずっしりしてる。
実際に計ってみるとこんな感じ。
11_weight
Moto G5 Plus:164g
Mi Mix 2S   :194g

2割増しなら気づくわなw

モニターサイズ・解像度

Moto G5 Plus:5.2インチ・1920 x 1080
Mi Mix 2S   :5.99インチ・2160 x 1080

モニターは5.2インチに対して5.99インチだからだいぶ大きくなった印象。
そして落としたらすぐに割れちゃいそう。

で、ここから本題のセットアップ。
Mi Mix 2SのOSはAndroid 8ベースのMIUI9。
20_setup1
日本語に対応してるってよ。

21_setup2
ちょっとフォントが中華っぽい(というか中華だけど)

情報はこんな感じ。
25_version

とりあえずSIMを挿さずにWifiで接続してつつがなく使えるところまで初期設定は完了。
ここまでは普通のAndroidと変わらなくて特に迷うところはなかった。
とりあえずFGOをインストールしてSD845の実力とやらを見せてもらう。
速い……発熱も少ない……
宝具の演出も問題ない。
iPhone6みたいにこんなことをして冷やさなくても良いんだ。
22_iphone6_cool
iPhone6だと周回してるうちにアプリ自体が落ちてたけど、そんな様子もない。
完璧だ!

FGOがヌルヌル動くことが分かったので、他の設定もしていく。

・SIM
SIMが2枚入るトレイはこのように識別される。22_simtray
うちではSIM1にFOMA、SIM2にLINEモバイルのSIMを挿して使ってる。
今更だけどmicroSDは使えません。

・ナビゲーションバーのボタン配置
真っ先に気になったのは、ナビゲーションバーのボタン配置が通常と反対になってること。
Galaxyもだけど中華系って何で右に戻るボタンを配置するんだろうね。

通常はその他の設定にボタンの設定メニューがあるらしいけど、見当たらない……
23_button
というかボタン関係なんだからその他だろうjk
ボタンとジェスチャーのショートカットとかと似てるやん。
と思って探しまくったけど見つからないので、SystemUI TunerとかCustom Navigation Barで何とかしようと思ったけど、どちらもNougatでの使用を前提でOreoではNGなのか、MIUIでは無力なのかは分からないけどダメだった。
でもやっぱり入れ替える設定がないのはおかしいと思い直して、設定メニューをしらみつぶしに調べたら発見。
設定の全画面表示の中にミラーボタン設定のトグルが……
23_mirrorbutton
これを切り替えるたびに戻るボタンとタスクボタンがひっくり返る仕組み。
設定ムズカシイネ……

・Smart Lockの有効化
今度こそメニューが無い……
普段vivosmartHRをしているので信頼済みの機器で登録して使ってたけどメニューがないから出来ない。
というかペアリングした時に信頼するデバイスに登録したけど、ロックが解除される気配はないので機能が殺されていると思われる。
というか使っていたらGoogle Play開発者サービスにSmart Lockを使うのを勧められたんですけどw

Mi Mix 2Sって指紋認証デバイスが背面にあるから、机上に置いて使う時は持ち上げるか、Pinを入力しないといけないからめんどくさいのよね
G5の時は指紋認証が正面なのを気にして買ったけど、Smart Lockを使うようになってからはロックを解除しなくなってたから気にしてなかったんだけど、これは想定外。
しょうがないから机上で使う時はPinを入力してる。
Xiaomiに要望出しておくかな。

・充電
QC(Quick Charge)3.0には対応してて、Qiの7.5Wにも対応してる。
なのでNANAMI A800-2を買ってみた。
付属のカバーでは高速で充電されてたけど、手帳型のカバーにしたらカバーの厚みのせいか充電が不安定になった……
なのでACアダプターをiPad Airに付いてきた2A出力のにした。
元々はこいつの付属の充電器を使ってた(あのデカイの)
寝てる間に使おうと思ったけど、良く考えたら会社で使った方が良いか。

・その他
デュアルアプリってアプリを複製してアカウント二つを切り替えて使える仕組みがあるけど、副垢が無いので使ってない。

Android Pが使えるけど、ちょっと時期尚早かなぁ。というか多分FGO動かねぇ……

ここまでで一通りアプリを入れて最後にゴ魔乙を入れようとしたら動かない罠。
24_gomaotsu
対応してないって一体何がダメなんだ……
問い合わせても門前払いだろうなぁ……

Moto G5 Plusやめられないwww

ESXiの再導入について

マイニングを始めてからというもの、家のブレーカーを落とすのが恒例行事になってしまった。
そしたら遂にESXiをインストールしたUSBメモリーのデータがお亡くなりになった。
20180528_01
こうなったら修復はできないようなのでESXiを再インストールする。
とりあえずOSのイメージはファイル鯖に……ってファイル鯖がESXi上にあったんですが(ノ∀`)アチャー
ということでイメージのダウンロードから……

1. 無償版ESXiのイメージをダウンロードする。
2. データの壊れたUSBメモリーをDISKPARTを使ってまっさらにする。
3. インストール用のUSBメモリーにrufusを使って起動用イメージを展開する。
4. 2で作ったインストールメディアとインストール先になるUSBメモリーを挿してESXiをインストール。
  ※この時、インストールする先のディスクを間違えると大惨事になるので注意。
5. インストール後に各仮想マシンの設定ファイルからインベントリに追加する。
6. うちでは10GbE用のネットワークを構成する。
7. 構成したネットワークを使うように仮想マシンの設定を見直し(以前と同名で作れば必要ないけど)
8. あと自動起動とかを設定。

こんな感じ。
パススルーとか設定していたらめんどくさかったけど、今はやってないから助かった。
プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ